介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における介護

厚生労働省における介護

スポンサードリンク

厚生労働省における介護項目一覧

介護について

介護というのは、寝たきりのお年を召した方や病気をお持ちの方、障害を持たれた方など、日常生活に不事情がある人の自立のために、排泄やお食事などの身辺の補助や看護をすることを指します。


介護という言葉は大体1970〜1980年代によく使用されるようになって、また、社会全体の高齢化につれて2000年にせこうされた介護保険法に伴って、お年を召した老人の方の在宅サービスや保険制度が社会に浸透してきた経緯があります。


最近では、ケアマネージャー(介護支援専門員)、介護福祉士、ホームヘルパー等の専門的な職種も脚光を浴びている傾向にあります。


介護保険法で給付されるサービスには、訪問介護やデイサービスなどの在宅系のサービスと、特別養護老人ホームやデイケアセンターなどの福祉施設系でのサービスがあります。


介護サービスを利用するためには、要介護認定を受ける必要があり、そのだんかいによって要介護度も分かれています。

介護とは?

介護とは、日常生活に不事情のあるお年寄りや病気をわずらった人、障害をお持ちの方等の、生活上の手助け・支援をすることです。ホームヘルパーや、介抱ワーカー、介護福祉士、看護マネージャー(介護支援専門員)等も、近頃注目の職業・資格として、聞こえてくることも多くなりました。


介護保健法できめられたサービスには、デイ-サービスや訪問介護などの在宅系サービスと、デイ-ケア-センターや特別養護老人ホームなどの福祉施設系でのサービス業務など大まかに分けて2つがあります。


また、介護される側である要介護者には、介護保険法に基づいて決められた介護サービスを享受するために、要介護度5〜1、要支援といっただんかいに分けられています。


最近では高少子化・核かぞく化・齢化社会が進行したため、日本の介護観も大きく変化しており、家族間での重荷のトラブルも静に浮かび上がってきているようです。

介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における介護