介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  介護車両(介護タクシー)

介護車両(介護タクシー)

スポンサードリンク

介護車両(介護タクシー)項目一覧

介護車両(介護タクシー)の賢い選び方

介護タクシーというのは、介護を必要なお年寄りや身障者を対象に、通院等の支援・介助などのサービスを行うタクシーのこと。
介護保険制度の訪問介護の事業者に指定されたタクシー会社で、ホームヘルパーの資格を持ったドライバーがサービスしてくれます。

介護タクシーなどの介護車両には、車いすのまま乗り降りできる昇降機やなだらかな坂が装備されていたり、シートが回転できたりと、さまざまな点で要介護者の不便がないような工夫がこらされています。

ドライバーもヘルパーの資格を持っている事できめ細かなサービスを行い
通常のタクシーとは違うサービスを提供できています。


介護タクシーは専門の業者だけというわけでなく、一般のタクシー会社やレンタカー会社にも、介護車両・福祉車両のレンタルサービスを行っているところが増えてきています。


介護車両を選ぶ際の注意点としては、車内の広さやスムーズな乗り降りができるかどうか、またお家や介護施設の駐車場の広さが合っているかどうか等色々ですが、これらは実際に試乗してみないと判断できないことが多いので、しっかり確認した方が良いでしょう。また、安全装置等の機能や操作法についても調査しておくと、いざと言うときにも安心できます。

介護タクシー・介護車両とは?

介護タクシー(介護用ワゴン車)や介護車両の多くは、最近でこそ、福祉施設や老人ホームなどの送り迎え専用として、頻繁に見かけることができるようになりました。

しかし数年前までは専用車両ではなく
普通車を改造した物などが多く、あまり使いやすいといえる物ではありませんでした。

最近では、各自動車メーカーが専用の機器を開発しており
オプションで選択できるようになっております。


これらの介護車両には、車イスを使用している高齢の方や障害を持っている方が、車イスのまま乗り降りすることのできるな設備(昇降機やslop)や、ストレッチャーに寝たまま滑らかに乗降できる機能などが備わっていて、とても便利です。


介護タクシーの運転手には、ホームヘルパーの資格を持っている事が義務づけられています。
なぜなら、運転だけでなく、お家のベッドから介護施設までのいろんな送迎介助を行なわなければいけないためです。

介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  介護車両(介護タクシー)