介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における訪問介護

厚生労働省における訪問介護

スポンサードリンク

厚生労働省における訪問介護項目一覧

訪問介護(在宅での介護サービス)について

介護保険制度で決められているサービスでは、大まかに2つ、在宅と施設サービスとに分けられます。

ホームヘルパーや介護福祉士などの資格を持つ専門員が、自分の家で療養している高齢者や病を患った方を訪れて、身体介護や排泄・入浴の介助、お食事等の家事の後押しなどを行なうのが「訪問介護(ホームヘルプサービス)」です。

介護資格を持った家政婦のようなものと考えていただければイメージがわきやすいでしょうか。


その対象者はデイ-ケア-センターや特別養護老人ホームなどの福祉施設で行なわれる施設サービスの対象者よりも、比較的かるい要介護者が対象となっています。

仕事のある主婦が増える中、介護にかかりきりになれない家庭も多いと思います。
経済的な負担だけでなく精神的な負担も和らげるために訪問介護は役立っていると言えるでしょう。


訪問介護サービスは、少子化や核家族化、そして社会全体での急速な高齢化が進行する中、要介護者を抱えるかぞくにかかる負担を和らげるのに役立っています。

ニーズが高まる訪問介護(ホームヘルプサービス)

訪問介護(ホームヘルプサービス)は、高齢化社会に対応するために介護保険法(2000年にせこう)に基づいて行なわれるサービスで、ホームヘルプサービスなどとも言われています。


ホームヘルパーや介護福祉士等が要介護者・要世話者のいるお宅を訪問して、身体介護やお食事・排せつ・入浴等の家事のバックアップを行なうもので、高齢化した社会の進行に伴ってますますニーズが高くなってきているのが現状なのです。


訪問介護員となるには、訪問介護員養成研修の課程を完了し、介護保険法施行令の中で決められた資格を取得する必要があるでしょう。

介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における訪問介護