介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における訪問介護 >  ニーズが高まる訪問介護(ホームヘルプサービス)

スポンサードリンク

ニーズが高まる訪問介護(ホームヘルプサービス)

訪問介護(ホームヘルプサービス)は、高齢化社会に対応するために介護保険法(2000年にせこう)に基づいて行なわれるサービスで、ホームヘルプサービスなどとも言われています。


ホームヘルパーや介護福祉士等が要介護者・要世話者のいるお宅を訪問して、身体介護やお食事・排せつ・入浴等の家事のバックアップを行なうもので、高齢化した社会の進行に伴ってますますニーズが高くなってきているのが現状なのです。


訪問介護員となるには、訪問介護員養成研修の課程を完了し、介護保険法施行令の中で決められた資格を取得する必要があるでしょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における訪問介護 >  ニーズが高まる訪問介護(ホームヘルプサービス)