介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における在宅介護 >  在宅介護とは

スポンサードリンク

在宅介護とは

施設介護と在宅介護。大まかに分けてこの2つは、介護保険制度で定められているものです。
施設介護は別エントリーで解説するとして、在宅介護には、ホームヘルパー等による訪問介護やデイ-サービスなどになります。

訪問介護は文字通り要介護者の自宅に訪問して介護することで
デイサービスは高齢者に対して入浴、食事の提供、機能訓練、介護方法の指導その他の便宜を提供する施設で主に日帰りの利用になります。

介護を要する病を患った方・高齢者と、要介護者を抱えるその家族を対象とした在宅介護補助センターも、平成2年度より特別養護老人ホームや病院などに併設され、在宅介護に取り組む家族と、高齢の在宅者を後押ししています。


ケア-ハウス(老人ホーム)やショートステイ、グループ-ホームといったスタイルも、在宅介護の守備範囲に入ります。

スポンサードリンク

関連エントリー

介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における在宅介護 >  在宅介護とは