介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における高齢者住宅 >  高齢者用の住宅をお探しの方へ

スポンサードリンク

高齢者用の住宅をお探しの方へ

現在、消費者のニーズの高まりと共に
「高齢者住宅」と一くくりに言っても、目的や用途、住んでいる人の要介護度、サービス内容、滞在期間等に応じてかなり多様なタイプが存在します。
まずは、入居する人の希望や状態を考慮して、しっかり比べて検討するのがいいでしょう。

さまざまなサービスが業者によって提供されていますので
業者のサイトで直接相談したり、資料請求するのも良いかも知れません。


高齢者専用の住宅の種類としては、有料老人ホーム、軽費老人ホーム、グループホーム、ケアハウス(介護利用型)、高齢者マンション、シニア向け住宅(シルバーハウジング・シルバーマンション)、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、老人保険施設(介護老人保険施設)、公社と連携したお年寄り向け優良賃貸住宅、等々本当にさまざまな種類があります。


特に高齢者住宅の中では、特別養護老人ホーム等は入居希望者がかなり多いので、一般的に入所待ち時間も長期にわたる特徴があります。

スポンサードリンク

関連エントリー

介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における高齢者住宅 >  高齢者用の住宅をお探しの方へ