介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における介護 >  介護について

スポンサードリンク

介護について

介護というのは、寝たきりのお年を召した方や病気をお持ちの方、障害を持たれた方など、日常生活に不事情がある人の自立のために、排泄やお食事などの身辺の補助や看護をすることを指します。


介護という言葉は大体1970〜1980年代によく使用されるようになって、また、社会全体の高齢化につれて2000年にせこうされた介護保険法に伴って、お年を召した老人の方の在宅サービスや保険制度が社会に浸透してきた経緯があります。


最近では、ケアマネージャー(介護支援専門員)、介護福祉士、ホームヘルパー等の専門的な職種も脚光を浴びている傾向にあります。


介護保険法で給付されるサービスには、訪問介護やデイサービスなどの在宅系のサービスと、特別養護老人ホームやデイケアセンターなどの福祉施設系でのサービスがあります。


介護サービスを利用するためには、要介護認定を受ける必要があり、そのだんかいによって要介護度も分かれています。

スポンサードリンク

関連エントリー

介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における介護 >  介護について