介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  介護老人保健施設

介護老人保健施設

スポンサードリンク

介護老人保健施設項目一覧

介護老人保険施設、介護保険施設で受けられるサービス

平成9年(1997年)介護保険法の制定により、この「介護保険施設」(介護老人保険施設などの介護施設)が作られました。


介護老人保険施設をどのような人が利用しているかというと、
介護を必要とするお年を召した方で、病状が比較的安定していて、
かつリハビリテーション等の機能訓練が必要な人たちであります。

もちろん、必要とする医療、普段の生活における身辺の世話等の後押しも受けられます。


利用する介護老人保険施設の種類や、要介護度によって、基本的なサービス料金もかなり異なるようですので、サービスを受ける前に、まずはよく調査してみる事をお勧めいたします。

調査をするにはネット電話帳を使えばお近くの施設を簡単に見つけることができると思います。


医学的な管理の下で長い期間にわたる療養・介護が必要とする方の場合においては、介護保険法で同様に指定されている介護療養型医療施設などの施設の選択肢もありますので、専門医からのアドバイスを参考に要介護者の健康状態を専門員等に正しくつたえ、綿密に相談される方が良いと思われます。

介護保険施設、介護老人保健施設とは?

介護が必要な人に対しての、身辺の世話にとどまらず、介抱、看護、医学的な管理に基づく介護、rehabilitation(リハビリ)などの機能訓練等の必要な医療を行う施設を、一般的に「介護老人保健施設」などと指します。

介護老人保健施設は介護保険法に規定された施設です。


介護老人保健施設を利用する基準は、病を患った方の場合、病状が安定期にあり、リハビリテーションを中心とした介抱等を必要としている人にあたります。


介護保険法に基づいて、都道府県知事が指定している介護保険施設には、この「介護老人保健施設(介護老人保険施設)」のほかに、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護療養型医療施設(療養型病床群等)などがあります。

介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  介護老人保健施設