介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における介護保険

厚生労働省における介護保険

スポンサードリンク

厚生労働省における介護保険項目一覧

介護保険制度って何?

介護保険制度は、1997年(平成9年)に公布され、2000年(平成13年)から始まった「介護保険法」にもとづくもので、国民からの保険料などを財源として徴収し、お年寄りや要介護者に介護サービスを提供するという社会保障制度です。


社会の高齢化に伴い、従来の社会保険では対応できない部分をカバーするために作られた制度。

法附則の規定に基づく制度全般の見直し時期を迎えて、2006年4月から新たなシステムなどがスタートしました。今回の改革の大きな目玉の1つは介護予防を重視したシステムへの転換にあります。

予防プランやリハビリによる、要介護状態の軽減、悪化防止を目的とした『新予防給付』と、市町村が予防メニューを実施する『地域支援事業』の2本立て構成になっています。

介護保険制度によって、給付と負担の関係が明らかになったことに加え、社会全体で、介護が必要なお年寄り等を支えるシステムが確立しました。


介護にかかるサービス料金の1割が自己の負担で、9割は保険や公費からサービス提供業者に支出されることになっています。

介護保険について

介護保険制度とは、「すべての国民が加入して保険料を支払い、自らが介護が必要になった場合においては、その程度に応じて給付を受けることができる」仕組み(社会保障制度)のことを言います。

介護保険サービスの財源は、65歳以上の第1号被保険者と40〜64歳の第2号被保険者が50%、残りの50%を国(25%)と都道府県(12.5%)、市区町村(12.5%)で負担しています。


介護保険制度は、介護保険法(2000年から施行)に基づいて厳格に定められていて、介護費用はその1割が介護サービスの使用者の自分の負担となり、残りの9割は保険料や公費から支払われることとなります。


介護保険制度を利用したサービスを受ける場合には、まず本人か、かぞくが、市町村に要介護認定申請を行う必要があります。
これは、医療機関を受診した時点で要医療状態であるかどうかを医師が判定することのできる健康保険制度と対照的であるといえます。

介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における介護保険