介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における高齢者住宅

厚生労働省における高齢者住宅

スポンサードリンク

厚生労働省における高齢者住宅項目一覧

高齢者用の住宅をお探しの方へ

現在、消費者のニーズの高まりと共に
「高齢者住宅」と一くくりに言っても、目的や用途、住んでいる人の要介護度、サービス内容、滞在期間等に応じてかなり多様なタイプが存在します。
まずは、入居する人の希望や状態を考慮して、しっかり比べて検討するのがいいでしょう。

さまざまなサービスが業者によって提供されていますので
業者のサイトで直接相談したり、資料請求するのも良いかも知れません。


高齢者専用の住宅の種類としては、有料老人ホーム、軽費老人ホーム、グループホーム、ケアハウス(介護利用型)、高齢者マンション、シニア向け住宅(シルバーハウジング・シルバーマンション)、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、老人保険施設(介護老人保険施設)、公社と連携したお年寄り向け優良賃貸住宅、等々本当にさまざまな種類があります。


特に高齢者住宅の中では、特別養護老人ホーム等は入居希望者がかなり多いので、一般的に入所待ち時間も長期にわたる特徴があります。

高齢者住宅・老人ホームについて

昨今の住宅は高齢者向けである無しに係わらず
段差や支えるところの少ないバリアフリー住宅化しています。

さらに、高齢者向けの住宅だと、バリアフリーに対応した普通住宅だけでなく、御食事などの日常生活サービス提供や、看護・介護サービス・医療面での手助け・必要とするリハビリ等が受けられるものまで幅広く存在するようになりました。

企業もどんどんこのような高齢者向け産業に参入してきて
介護をする側にとっても良い環境が整えられてきています。


簡単に挙げるだけでも、有料老人ホーム、老人保険施設、介護老人保険施設、軽費老人ホーム、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、グループホーム、介抱ハウス、高齢者マンション、シニア向け住宅(シルバーハウジング・シルバーマンション)、公社と連携した高齢者向け優良賃貸住宅、などなど選択肢はかなり広がっています。


どのサービスにも共通して言えることですが
高齢者住宅を探す前に、まずは、しっかりと、受けたいサービス内容やサービス料金等を考慮しておくことをお勧めします。

介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における高齢者住宅