介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における老人ホーム

厚生労働省における老人ホーム

スポンサードリンク

厚生労働省における老人ホーム項目一覧

老人ホーム選びの秘訣

老人ホームと通常呼ばれている施設には、意外とさまざまな種類があります。

素人の方が聞いても判別できない方の方が多いだろうと思われますので
老人ホームに入居する前には専門のスタッフや医者に相談するのが良いと思います。


その種類は大体以下のような感じです。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、ケアハウス(軽費老人ホーム)、介護保険施設(老人保険施設)、特定施設入所者生活介護(有料老人ホーム)、グループホーム(認知症対応型共同生活介護)等です。


介護保険が適用されるものとされないものがあったり、入居基準が明厳格に決まっているもの等もありますので、入居の際はご注意お願いします。

有料の老人ホームには、健康型や住宅型、介護付等、その機能・サービス面においても、パターン分類することができます。


まずはしっかり、受けたいサービス内容や期間、サービス料金の支払い等の条件を考慮しておくことが大事だといえるでしょう。

老人ホームの種類

老人ホームの種類は大まかに分けて以下のような、
軽費老人ホーム、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)、養護老人ホームなどのような物があります。


一見よくわからないような区分に見えますが
どのようなわけ方をされているかは以下の説明の通りです。


軽費老人ホームとは、低料金(無料の場合もある)で入所できる施設の事を指し、お食事の提供など普段の生活を支援するためのものです。


養護老人ホームとは、自宅での養護・介護を受けることが非常に困難な高齢者のための施設を指します。養護老人ホームの入居申請は、養護老人ホームの施設自体ではなく市町村に対して行いますのでお間違えないように。


特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)とは、常時介護を必ずいる65歳以上のお年を召した方で、住んでる家で介護することができないと言うような事情がある人のためのものです。


老人ホームと一口に言っても、入居できる資格や受けられるサービス等内容は各々全然違いますので、よく調べてニーズに合ったものを選ぶ事が大切です。

介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における老人ホーム