介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における就職介護

厚生労働省における就職介護

スポンサードリンク

厚生労働省における就職介護項目一覧

介護・福祉関係の就職を考慮している方へ

介護や福祉関係の職場への就職を希望する人は、高齢化社会に向けて
お年寄りの絶対数が就職希望年齢層に対して増加傾向にある中

社会的需要が高まり、増えるきざしにあります。


介護福祉業界への就職を考えた場合、職業としては、介護世話専門員(ケアマネージャー)、ホームヘルパー、理学療法士(PT)、介護福祉士(看護ワーカー)、仕事療法士(OT)、社会福祉士(ソーシャルワーカー)、サービス提供責任者、ケア師(訪問ケア師)、介護保険事務等さまざまなジャンルがあり、それぞれの作業に必要な資格も昨今注目を集めています。

通信教育等で学ぶ人も多く敷居はあまり高くありませんが
対人コミュニケーションが必要とされる職業ですので
安易に考えるとかなり厳しい目にあうこともあると思います。

介護・福祉関係の仕事に就職するためには

福祉・介護関係の道を目指す方への就職や資格取得は、急なスピードで社会全体が高齢化社会へ向けて歩んできていることもあって、いろいろな需要があり、社会の関心も年々高まってきています。

少子高齢化により、介護・福祉関係の需要は高まる中
人員が需要に追いついておらず、常に人手不足の施設も多いようです。


介護施設への就職は、高齢者や介護が必要な人たちをを支え、援助するためのもの。そのため、生きがいややりがいを感じて就職を目指している人も多いのです。

労働条件に反して報酬は少なく、
この仕事に対して真摯な覚悟がないと長く続かない人も多いようです。


介護福祉士(ケアワーカー)、ホームヘルパー、仕事療法士(OT)、社会福祉士(ソーシャルワーカー)、介護世話専門員(ケアマネージャー)、介護保険事務、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、看護師(訪問ケア師)等さまざまな職業がありますが、基本的には、介護・福祉サービスを必要としている高齢者や障害者などを、専門的な知識や技能によって援助するのが仕事です。


ただ、人対人のサービスなので、体力や精神力も必要とされ、想像以上に厳しい一面もあります。

介護・福祉ブログ:厚生労働省における介護福祉士や介護保険等の解説Top >  厚生労働省における就職介護